KRG – 菊地輪業へ ようこそ

KRG 店長 菊地 明 です。

KRG - 菊地輪業の屋号で 市原市五井に店舗を構えて半世紀以上、先々代は千葉市の加曽利町で戦前から自転車業を営んでおりました。

子供の頃から見慣れて来た工具には、既に100年ほど前の工具もあります。

例えば フォークのネジ切りなどです。

大社長 : それは千葉のじいさんが使ってたネジ切りだから100年は経つぞ 

forktap

全くデザインが変わらないどころか、より洗礼されたデザインは100年前のすごさを実感します。

千葉県で初めて列車を一車両貸切って サイクルトレインを開催したのはKRGでした。 輪行袋に入れなくても自転車をそのまま列車に乗せることが出来る さきがけの仕事を終えた思います、現在はお店やチームのイベントではなくて個人個人でも列車に乗せる事が出来るようになってます(小湊鉄道)

ホームに並ぶMTBライダー達 列車の中とツーリング途中の写真(1997年)

mtb-train1

mtb-train2

mtb-train

車輪組に、夢中になった若い頃があります。 今では主流のダブルウォール・リムの車輪組には特殊工具が必要でした。

ニップルを確実に保持し、作業時間を大幅に短縮する ホイールビルダー向け専用工具 ”mojo hand ” は ツール・ド・フランスのメカニコにも届きました。

全てのプロビルダーへ向けて Concept Crux社の社長と開発製造した専用工具は、今でも毎日作業エプロンの胸ポケットに入っています。

mojohand-old-or-new 2010_2_5_mojohand_0_500px 2008_8_13_mojohand-300x225

房総森輪会は、森林の間伐作業 里山保全をし自然と人の在り方を考える実践の会としてKRGも参加させてもらっております。

里山協定認定を受けた森や千葉森林資源コンサーブ様の活動拠点でもある鹿野山などでの作業やMTBでの森林パトロールも実施しております。

 

ご興味のある方は ホームページをお尋ね下さい。

 

このホームページは、皆さんの自転車との想い出や もちろんお客さんや自転車仲間との出来ごと、新商品などの紹介などを、

ボチボチ 更新しております。

既に情報が古くなってしまった商品紹介記事もありますが、”お~古い もうないのかぁ~” と お楽しみ下さい。

 

また タイムリーな情報は krg-fb の方で、上げておりますので、そちらもご観覧下さい。

自転車の楽しみ方は 人それぞれ、 皆様のお手伝いが出来たら幸いです。 by   KRG