Monthly Archives: 2月 2015

  • 0

シマノBB71-41を外す タイ焼が旨すぎた日

オルベア ロードのオーナー ご夫婦様から 天然物の魚

といっても タイ焼なんですけども、これが旨い! 養殖物とは一味違う。

少し焦げがあって香ばしい。

2014_2_18_wh_taiyaki

袋を上から覗くと タイ焼 天然魚がぎっしり!!

なんでも たくさん並べて焼くのは 養殖っていうんだって、で これは一匹づつ焼くのだそうで。

そう言われると 手間がかかっているし 一匹づつ気を使って焼いているというだけで気持がちが違ってくるよなぁ・・・

2014_2_18_wh_taiyaki_tenne

う~ん やっぱり 養殖じゃないから 違うな! うん こっちの方がやっぱり 上手いな。

いいこと聞いちゃった(笑) ありがとうございました。 ホントにおいしかったです。


 

さて、シマノのBBですが圧入してあるので抜くときは叩いて外します。

カーボンフレームだと 叩いて外すのは少し乱暴な気がしませんか・・・

もう少し なんかないのかなぁって思って・・・

KRG では 自作のスライド式ハンマーで引き抜く作業をしております。

これだと 外したBBを再び取り付けることも出来るほど 損傷なく取り外せます。

2015_2_18_bb_toolg

大ヒントの局部アップ写真です。

これは プロペルについていたシマノの圧入タイプのBBを抜くところです。

さぁ これがどういう仕組みになっているでしょう~か。

MTB(機械系の好きな)プロショップさんなら、お気付きになるかも知れません。

 

一台一台 お客様の大事な自転車です、この工具しか用意されてないから仕方ないとか

この方法で作業するように書かれているから、、、なんて現場では通用しない事がある。

2015_2_18_bb_tool

 

カーボンフレームのBB内部を叩いて破損したら 弁償しなきゃならないからなぁ・・・

シマノBBの構造と大きさを考慮して、KRGでは自作のスライドハンマーで取り外してます。

天然タイ焼みたいに

一匹 一匹 気を使って作業しなきゃいけないなぁ・・・ってタイ焼食べながら思った日でした。

 Bike Energy KRG 菊地輪業 facebook


  • 0

丸Aより 丸Gが先でした

古い自転車です。

フレームに どっかで見たようなマークがある・・・Aのマーク。

fuji-2015_2.maruA

このマーク 丸にAで マルAと呼びます。  KRGが子供の頃 同じマークを良くみましたが

中は G のマークでした。 実は丸Gが先で その後マルAが出来ました。

市原市五井地区の自転車組合が五井地区で販売した自転車を見分けるために作った

丸Gマークというものでした。

fuji-2015_2

 

丸Gマークが張ってある自転車は、同じ地区の自転車屋さんへ行くと修理代の値引きサービスが

あったり 親切にしてもらえるという・・・・・ そんな黄門様の印籠の様なマークだったんですね。

Gは 五井のG   それを真似て Aは 姉ヶ崎地区のAということです。

 

日米富士のオリンピックです。 (丸Aだから姉ヶ崎地区のどこかの自転車屋さんで販売したもの)

すべてが当時のままの部品構成で KRGに持ち込まれました。 すげぇ~

nichibei_fuji

日本製の自転車があった時代です、コンポは前田に杉野、吉貝、最高なコンビネーション!

fuji-2015_2_sugino

カッコ良過ぎです! チューンガードにも刻印 シャープなシルエットが斬新です。

 

suntour-rメカ1

サイクロン リアディレーラーのパンタの中を対角にインナーワイヤーが走る!

これでいいんじゃねぇのか・・・もしかして シンプル イズ ベスト だったりして。

suntour-rメカ

千鳥は滑車 ワイヤーエンドにはクリアー樹脂でキャップがありました。

 

fuji-2015_2chidori

ブレーキにはセフティレバー(補助ブレーキレバー) 補助レバーの必要性は今も昔も変わらない

このセフティレバー新品のまま KRGのどっかにあるけど・・・・

fuji-2015_2.safety-lever

タイヤは三ツ星が付いたまま、さすがに30年近く経つとアウトでした

丸G 張ってある自転車 どっかにあるのかなぁ・・・見てみたいなぁ。。。。。

自転車の歴史  五井地区の歴史を思い出しました。   KRGが子供の頃の話

 Bike Energy KRG 菊地輪業 facebook