Author Archives: KRG

  • 0

すぐに曲がるリアエンド 注意喚起

リア・ディレーラーの取り付け部分 ディレーラー・ハンガーやリプレイス・エンドと呼んでます。 この部分です 下の写真参照(ブリジストン・アンカー)

リアディレーラーの調整が出来ていないと、ローギア(大きいギア)へ変速した時にディレーラーが車輪のスポークに入って大惨事となるケースがあります。

これは ブリジストン・アンカーというモデルでの惨事です。

リア・ディレーラーのボディが見事に真っ二つに破損してますね。

この様な事故の原因は先ほど述べた様に調整ミスが多いです、リア・ディレーラーの調整ミスによって大きな事故に繋がったケースをたくさん見てきました。

もう一つの原因として落車や駐輪状態からの右側への転倒でディレーラー・ハンガーが簡単に内側に曲がってしまうこと(車種)も多いです。この場合は、リプレース式のディレーラー・ハンガーを交換するのですが 作業は簡単に思えて簡単では御座いません。

まずエンドの芯が出ているかを計測し修正などの作業が必要です(結構デタラメなフレームもあります)、リア・ディレーラーの変形や調整も専門的な知識や判断が必要となります。

KRGに今回持ち込まれたのは ブリジストンのアンカーという車両でした。

2カ月連続で アンカーです(涙)

前回は アンカーのカーボンロードでしたがメーカーへ電話をし事情をお話しましたところ契約店ではないので部品の提供(販売)は出来ないと言われました。

ネットで調べると自転車屋じゃなくても誰でも簡単に買えるじゃないか。バカバカしい。

この部品は、誰でも交換は出来ますが重大事故につながる可能性が高い部分でもあります。誰でも簡単に入手できる現状の中でプロショップに供給出来ないのはKRGの技術力が一般の方(素人さん)より劣っていると言われているような気持ちになり ガックリ。

さて、今回は少し廉価版の自転車で少し以前のモデルのようですが同じくブリジストンのアンカーです。すでにメーカーは補修部品を持っていないらしい。

お客様にとっては大切な自転車と察しKRGでエンドを作ることにしました。今回は図面を引きませんしCNCでお願いすることもしません。

この程度の精度で仕上がったエンドなら手で作れます。

5000番のアルミ合金を 100㍉ x 100㍉で切り売りしてもらいました。

使用する工具は 手動の電動ドリルと鉄ノコと平ヤスリです。 垂直に穴を開ける事が容易なボール盤も使いません。 勘だけでやります。

ボール盤やグラインダーは フレーム製作工房へ持って行ってますし、KRG的には比較的簡単な設計物でしたので何とか作れると判断しました。

アルミの番手も上げたし、厚みも増して強度も上がってます。 ひたすら研磨します。

ここまで 磨いたところで疲れた。。。 鏡面仕上げの意味はさほど無いです。ただ キレイに仕上げたら気持ちいいというだけ。

フレームに合わせてみました。既製部品よりも精度が高いので一点止めのボルトを絞め付けずにもぴったりです、ピクリともしません! よっしゃ。 ただフレーム側の精度(平面)がよくないですね。

現物合わせで細かい調整をして、ホイールも新品となりました。

実際にリア・ディレーラーを取り付けてエンドの角度を測定しチェック微調整。どうにかお客さんの大事な自転車を直す事が出来ました。

高々2000円程度の部品ですが、取り付けには専門知識が必要ですし日常的に気をつけておかないと大きな事故につながる部分です。 ネットで適当に販売するのも良いでしょうけども作り手の責任やメカニックの責任も考えさせられる仕事でした。

とても手間がかかる仕事でした しばらく作りたくないです(笑)

出来ればメーカーがしっかり在庫を持っていて欲しいですね! もしくは破損しやすい部分ですので販売時にスペアーの購入を推奨してあげて下さい。

部品が無ければ契約店でも 直せません。   by KRG

 


  • 0

GIANT-マリアローザTCR-SL 優勝記念限定モデル

Category : GIANT , 商品情報

 

GIRO D’ITALIA 優勝記念 TEAM SUNWEB マリアローザ

 

トム・デュムランの「ジロ・デ・イタリア2017総合優勝を記念し、マリアローザカラーのTCR ADVANCED SLが国内20台限定で発売されます。

今年のジロ・デ・イタリアは100回目の節目となる記念すべき大会でした、KRG白熱のレースを応援しておりましたので、この総合優勝は想いもひとしおです。

これは 正に記念すべき一台となりますね。

登り坂をダンシングで逃げる選手に対しシッティングしたまま追いつくデュムランの強さはサドルとの接点にあり!発売するのか ノンスリップ加工が入ったサドル。

この 限定20台のマリアローザモデルは78万円(税抜き)です。

おっと 最後にお知らせだった、この完成車にはデュムラン直筆サイン入りのSantini製マリアローザジャージ(デュムラン着用と同じLサイズ)が1枚 ノベルティとして付属します!!

欲しい方は 今すぐ ご連絡下さい!! cycle@kikuchi-rg.com まで!

 

さらに デュムランがチーム サンウェブで使用していたTTフレームも限定発売!

TRINITY-  この攻撃的なフォルム 50秒以上の差があったトップとの差を圧倒的な速さでデュムランを逆転優勝へと導いた高速フレームがこいつです!

このフレームは 国内限定3台です!!! KRGでは S-size 確保しました。

フレーム単体の販売です 39万円(税抜き)

現在(商談中)となっております。

 

アパレルもマリアローザカラーで 登場します。

こちらも 数に限りがありますのでマリアローザカラーでカッコよくキメたい方や ピンクでかわいくキメたい方は お早目のご注文下さい。

 

TEAM SUNWEBロゴを配したジロ・デ・イタリア2017の公式リーダージャージと、限定カラーのETXEONDO製ビブショーツ : ジャージ18,000円 ショーツ18,000円

 

チームが実際に使用する

ハイエンドロードヘルメットのマットピンクバージョン!RIV 16,000円

 

さらに こちらは レプリカジャージセットです。

マリアローザカラーのレプリカジャージ&ビブショーツ

ジャージ 7,000円、ビブショーツ 10,000円

(左)MAGLIA ROSA SF GLOVE   ¥3,500
(中)MAGLIA ROSA SOCKS  ¥2,400
(右)MAGLIA ROSA DOUBLESPRING 750CC  ¥1,000
マリアローザカラーのグローブ、ソックス、ウォーターボトル。

それぞれ 数量に限りがありますので ご用命はお早目に。

 


  • 0

Goiimade-ゴイム・クロモリフレーム プロト第一号!!

Goiimade – ゴイムクロモリロードプロト第一号

中速域の快適性、立ち上がりの良さ、タイトなコーナーリング性能!!

KRGの長きに渡る経験が詰まった 幻の一台が完成する。

モノ作りをやめた時点で もはや メーカーではない… もう一度やり直そう

モノつくり。

KRG 秘蔵のイタリア・チネリ社製 スポイラーBBを使用、カンパニョーロのフロントフォークエンド、リッチーのリアエンド、そして ストレートフォーク、極秘ジオメトリーが、ストップ & ゴーを繰り返すライダーのストレスを見事に払拭する。

漕ぎ出しの軽さ、コーナーリングのタイトさ、切れ味、ヴィンテージさを残しながら

走るクロモリ・フレームを手にする!!

幻のスポイラーBB, 現在はイタリア生産のチネリ スーパーコルサ(30万円)にしか使用されていない。

チネリ社の工房の在庫がなくなったら、おそらく 最後のイタリア生産は消える。

五井にある KRG-菊地輪業の秘蔵フレーム材料が最後のイタリアBBを日本で蘇らせる!

ボトルゲージは クロスヤード小物を渋く採用!!

言わずとしれた トム・リッチーのリア・エンド!

そして、これまた入手不可能とも言えるイタリア・カンパニョーロ社が販売していた

フロントフォークエンドだ。 渋いぜ! ストレートフォークとオフセット量は極上の

ハンドリングを表現する。

これが Goiimade ゴイムのスペシャル使用だ。 希少価値のフレーム材料で作っていますので数量には限りがあります。

ただし、通常のゴイム・ロードは、現在入手可能なフレーム材料で組みます。

オーダーは 対面にてご相談、問診を重ねて ジオメトリーや仕上げを決定します。

まずは、ご相談下さい。  by KRG


  • 0

CINELLI – VIGORELLIとMASH_BOLT2.0 +HOBO

今回ご紹介するのはお客さん持ち込み海外輸入フレームのチネリです。

他店様等にご迷惑がかかるので、激安価格は自粛表記無しでご理解頂きたいです。

お客さん持ち込みフレームの組み立ては通常お受けしておりませんが、今回は事情があってお受け致しました。 (今回組み立て工賃は無料です)

ご紹介するのは MASH と CINELLI が放った伝説的フレームとも評される”Bolt”

アルミにカーボンフォークの組み合わせ。

公道で乗車するにはブレーキの装備が必要です、そのためフロントフォークの穴開け加工を必要とします。こちらの穴開け加工工賃は無料、バッチリブレーキを装着することができました。

1.5インチのヘッドワンは 抜群の剛性と安定感がありそうです。

ステムとハンドルは MASH でキメてます。カッコイイですね!

ハンドルはブルフォーン、ブレーキは内蔵ルートなのでハンドルに穴開け加工が必要です。 ハンドルに穴を開けるには応力の集中する箇所を知っている必要があります、こちらの穴開け加工工賃も無料! 太っ腹KRGです。

固定ギアと72ノッチのフリーギアを装着しました。

さて お次もチネリです! クロモリフレーム VIGORELLI です!

こちらも海外通販輸入品のお持込みフレームです。

すげぇ かっこいいですね!   組み上がりが楽しみです。

ピスト・フィクサー(シングルスピード)はバンクでご乗車下さい。 公道で乗車する場合には前後輪にブレーキの装着が必要です。出来ればフリーギアを装着してお楽しみ下さい。

ロード(変速機付き)フレームや完成車のご紹介もボチボチしたいと思ってます。

国内在庫ほぼ無し 超レア HOBO 完成車 在庫2台限り Mサイズ! 特価です。

コロンバスのチューブで造られた最強フレームは、随所にこだわりや工夫があって楽しいです。専用キャリアももちろんスティール製で頑丈に造られてます。

チェーンスティには旅先でのトラブルを想定し、スポークが備え付けられています。

そして、チネリ・ノートブックが付属です!

ノートの中身は、オーナーのお楽しみと言う事で。

イクスピリエンス・フレームや完成車も KRGオリジナル企画での展開を考えております。


  • 0

TIME SCYLON – Campagnolo-Super Record

Category : TIME

Made in France を頑なに守る TIME社フレーム等 ご紹介します。

 

モノリンクステム、美しく独自の設計は他社と一線を画します。

ボルトはステムに埋め込まれています。

普通はメスを切ってあってボルトで締めますが、発想が逆ですね。

ご紹介するTIMEはヘッドの締め付けが他社のアヘッドシステムと異なります。セミアヘッドと理解してくれたらいいと思います。

さりげなく主張する フランスのフラッグ・カラー!

今回のフレームは TIME 2017 SCYLON です。

塗装の光沢は、クリアーの厚みが充分にあり 美しい の一言です。

こいつに似合うのは やっぱり カンパのスーパーレコードですね。

ハンドルとステムも同社製で仕上げる事で、他社製品を組み合わせた時に起こる公差誤差をなくし性能を100%引き出だす。

圧倒的な存在感、 「やっぱり 最後は タイムかな」と囁かれる由縁を感じつつ組上げさせて頂きました。

KRGで製作した自転車は、増し締めや定期点検等 基本無料です。

オーナーさんのご希望に合わせたセッティングを心がけております。


  • 0

SRAM RED e-TAP PROPEL SL-0 試乗車

SRAM e-TAP  GIANT SL-Oの試乗車をご用意しております。

このコンセントの種類は ヤバイです、世界中遠征しろと言っております!

最先端の電動シフターです、スラムは配線がありません、ワイヤレスなのですね。

変速はブレーキレバー内側にあるスイッチを押すだけです。

右側のレバーを押すと後のギアがロー側へ変速、左のレバーを押すとトップ側へシフトします。フロントをシフトする時は、左右を一度に押します。 いい感じです。

USBメモリーが付いてました。

バッテリーは 小型でFメカ、Rメカにそれぞれ付いていますが同じものです。

GIANT2017の最高級モデル PROPRL SL-O を 試乗車としてご用意しております。

中高速域でのコーナーリング安定性は抜群です、高速域で足をとめた時の慣性力の強さなどを是非ご体験下さい。

KRGではこの他にGIANT-ENVIE  Di2仕様 XXS サイズや TCR-AD TEAM XSサイズアルテグラ仕様なども試乗車としてご用意してありますので、体験して下さい。

*試乗は一応購入希望の方というルールがありますが単に乗ってみたいと言う人でもご相談下さい。また貸出には身分証明書の提示(コピー)を取らせて頂く場合もございますのでご了承ください。

*中期間 (遠征)などの レンタルも行います。 レンタル料金は貸し出しの自転車価格によって多少異なりますのでお訊ね下さい。また貸出中の破損や紛失・盗難などはお客様の賠償責任となりますので充分にご配慮願います。


  • 0

ロット式ハンドルと補助フォーク

昔懐かしい ロット式ハンドル

現在 新品が残っているとしたら奇跡としか言いようがない。

実用車のハンドルやラッキョパイプ(らっきょ棒・短棒とも言う)、運搬車にしかついていなかった補助フォークなど。

こんな風にリアのブレーキ棒は折れてしまって、もはや修繕部品はありません。

どれも20~40年という歳月を働き続けた自転車達です。(これはサイドカーです)

千葉県で最後に残った君塚リヤカーさんが、廃業となってもう10年以上となりますが正に職人技と表現する仕事でした。

自転車を持ち込み、一台一台現物合わせて一発で仕上げてくれました。

そんな時代も過ぎ、マスプロメーカーが次々に実用車(ロット式ブレーキ)の完成車生産を終了。

というわけで そんな時代に活躍してきたハンドル達をご紹介

エスガタ上がりハンドルです。最後まで実用車を販売していたハットリなんかに採用されてました。

上がりハンドル この上がり加減 涙でますねぇ~ ブリヂストンのジュピターなんかについてました。

出たぁ~ 一文字ハンドル!!

これは 運搬車なんかに使われてました。 現物ないですがカーブがもう少し全体で曲がっている トンビ と呼んでいたハンドルもありました。

並べるとこんな感じです。 それぞれ個性があってどれも素晴らしい。

これらは 全て 日東製 日本で造られた最高級ハンドル達です。

それから こいつが補助フォークです! 右側の錆びた補助フォークは屋外使用で過酷に使われて来た35年程度前のもの。 頑張ったなぁ~~

荒井ブレーキ製の補助ホークです。ハンドルポストのクランプ部分はSUSです。

もう 二度と生産されることはないであろう ロット式ハンドル達でした。

KRGでは、五井地区で50年以上に渡り彼らを嫁がせ見てきました。大社長が納品した自転車は今日でも使用されているエリアでもあります。

ロット式ブレーキの軽快車や実用車は、出来れば捨てずにレストアして残して欲しいと思います。

KRGでは、ロット式ブレーキの自転車を趣味の範囲で生産したいと思いますが、フレームから造らないとダメなのかなぁ・・・

 

生き残った 新品のハンドル達を 青空 に かざしてみました。

ピカピカだぜ!

生き残った部品達を 少しづつ活躍する世界へ嫁がせたいと思います。by KRG