Category Archives: メンテナンス

  • 0

運搬車をレストアする

運搬車って 聞いてすぐにイメージできる人は少ないかも知れませんが

まぁ 運搬車です、昔のロット式ブレーキの新聞屋さんや郵便屋さんが乗っていた自転車をイメージしたら近いです。

運搬車は もっと丈夫でリムやタイヤはシサンといって1-3/4インチだったし、補助フォークが付いていた。

トップチューブは曲がっていてるのが特徴です、写真を見て頂くと分かります。

この運搬車のフレームです。ツタンカーメンだ。

ZEBRAです。

BBにガタがあったまま使用していたらしく、BBはかなり傷んでいるのと何をしようとしたのかタガネで叩いた深い傷・・・

なんてこった! なんでここ叩いたんだよ~~

おまけに 緩んだBBで漕ぎ続けた為クランクがチューンスティに当たって削れてます。

さらに チェーンスティのブリッジは腐蝕の為 錆びてボロボロ状態だったのでとりあえずグラインダーで落としてこの状態(ここはオーナーさん仕事です)

まずは BBの外のタガネキズを全て修復して、BBのタップ、それからフェイスもバッチリ修復しました。

続いて、チューンスティのクランク接触による削れ部分も真鍮ロウで穴埋めしました。

ツルツル~です!!

 

そして 肝心のブリッジもこの通り!

復活!!!水抜きの穴も付けたので腐蝕の侵攻防御します。

フレームの修正はこれで完了!!! あとはヴィンテージ部品を集めて仕上げて下さい。

3/8部品は もうなかなかないのですが、状態の良い物や新品もたまに残っている場合があります。

KRGでは、お得意様のために若干の消耗部品をストックしておりますが 既に在庫切れに近いです。

実用車用ではないですが、ロット式軽快車用前又はメッキとステンレスが出てきました(笑)

この他にリアブレーキの ラッキョパイプや、ダウンチューブの引き棒などもあります。

あと、前ブレーキのフォーク止め部品もあると思う。段ボールにしまってある。ほぼ需要がないのですがとても貴重な部品なのでお得意さまの為に在庫しております。

KRGでは、フレームの修正も可能ですのであきらめていた自転車も復活するかもしれません。 ロット式自転車は廃棄処分にする前に思いとどまって下さい。

KRGカスタム、フレーム修正でした。


  • -

新たな宿題 首の長いスポーク

首の長いスポーク・・・

他県からお電話でご相談下さいまして 誠にありがとうございます。

ステンレス 14番ならおそらく作れると思いますが、鉄スポーク しかも13番。

一応 サンプルを送っていただく前に ちょこちょこっとやってみました。

通常よりこのくらい首が長いです。

%e9%95%b7%e9%a6%96%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%82%af-sample

13-14の鉄スポークのネジ山から 追いかけて13番で切ってみました。

理由は お客さんが13番のニップルを注文しちゃったというので。

13-%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%82%af

今日になって サンプルのスポークが届きました。 小さい車輪を組みたいと言うことで通常販売されていない短いスポークが必要ということでした。

%e9%95%b7%e9%a6%96%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%82%af-sample

首の長さは、昨日勘で作っておいたスポークでぴったり どんぴしゃりでした。

送って頂いたスポークは、13番でネジ部は14番でした。

下の写真をご覧くださいネジ山部分がバテッド(段付き)しているのが確認出来ますよね

上のスポークが使用済みサンプル、下がKRGが作った13番スポークのネジです。

13-%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%82%afsample

一応 ネジ山は13番でバッチリセッティング出来ましたが、首の長さと本数でミスなく作れるかはやってみないと分かりません。

ゴールデンウィークの宿題ですね。 という事で作ってみたいので勝手に連休は仕事とします。

 

ちなみに 以前製作した特殊スポークで組んだホイールは愛知県のお客さんでしたが

完成した自転車を見て感動!!

いつかご紹介したいと思っておりました! お~~~すげぇかっちょいいカスタムバイクです!

KC4A0435

KC4A0435

追記: スポークとニップルはご使用になるホイールによって適宜選択します。

今回は小径ホイールでテンションが大きくかかる事をお聞きしたので、やはり鉄の

#14ニップルでネジ径2.2㍉で少しきつめの製作をしました。

ゴールデンウィークお休みできるかな。 KRG

%e9%95%b7%e9%a6%96%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%82%af%e4%bd%9c%e6%88%90 %e9%95%b7%e9%a6%96%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%82%af%ef%bc%91%ef%bc%93


  • -

BB不良の宿題 PF30

FOCUSというフレームが持ち込まれたのは 2015年12月の事でした。

このフレームは、プレスフィットと呼ぶ圧入式のBBタイプです。

電話の主は東京都内からでしたが、良く知るお客さんからでした。 なんとかしたい。

「BBを外したのだけど、どうやら圧入部分に大きなマイナス公差がある。ちょっと見て欲しい」との内容でした。

focus

KRG : なるほど・・・厄介な不良品だな。 ひどいなぁ・・これで完成車だったのですか?

BBは圧入されてたんですよね? これで? こりゃひどい。 根性で入れたな。

focus-bb-up

そもそも、側面塗装の円形のクラックはなんだ? カーボンフレームですがBB内部はアルミワンですでにガリガリ状態でした。

計測してみました。巖合部にはお互い許される公差というのがありますが悪く出ると使えない。

例えば46.0㍉の穴精度が 46.1㍉、圧入部品が45.9㍉だと、直径で0.2㍉の誤差がでてしまう。お互いの公差が悪く出ると ゆるゆる になっちゃう。

この フレームのBBは逆で、内径にマイナス公差が大きく出て入らない!

しかも楕円です。 さらには 左右でずれています。 終わったな、このフレーム。

focus-bb-size

最大 左ワンの左45度 45.5㍉  お~~すげぇ 絶対無理でしょこれ!

この場合アルミワンにアルミ製BBの圧入は選択肢にないので、樹脂ワンにしたい。

というわけで 保留。 TOKENの樹脂ワンがいいと思ったのですが欠品中。

BB30 って面倒なんですよね、シマノクランクにしたいって時にBBアダプターとかいるし。

focus-bb-crack

その前に何故こんなことになっているのか? 触診するとBBの外側より中心部の系が大きいようだ。 これ 3ピースか!  なるほど ん~

とりあえず 樹脂のBBを削って合わせるかなぁ・・ ヘタにフレームやっちゃって弁償なんて嫌だし。 それにしても使えないフレームだな。

こう見ると 向こう側の影になっている段がマイナス公差と楕円になった原因。

focus-bb-three

これは おそらくアルミワンを入れた時にゆるゆるになった経験があって、その対策として外側を大きく削ってその内側にアルミのカラーを圧入し内径を小さくしたのだと思う。雑としか言いようがない。

TOKENのBB30→シマノ24用BBを待っていたら年を越してお正月がやってきた。

それどころか2月を過ぎてしまった・・・ 結局 全く手を付けられずに数カ月。

focus-bb-OK

仕方ないので あらゆるクランクに対応するという樹脂ボディのBBを在庫から選択し試作加工用も含めて2セット入荷。 さて と思ったのですがどうにも重い腰が上がらず。

この間にTVの取材などもあり、取材の中で普段の作業風景としてこのフレームの説明をしましたが、説明をしているうちに やっぱり フレームを修正したくなった。

フレームの変形に合わせて樹脂を削ろうと思ったのですが、実際BBを手にとってみて削るだけでなく圧入方向(位置)とか色々作業をする上で面倒だと感じた。

それにお客さんが次回BBを交換する時にまた同じ作業を必要とする。

フレームを修正しよう!

focus-bb-upre

何といっても左右で異なるので気を使います。

少しずつ削って楕円の誤差を調整していきます。とは言えKRGは精密加工屋さんではないので全てを勘で作業させて頂いてます。 これ 失敗したら アウトだよな。

それにしても このメーカー全部これじゃないだろうな。 買う時わからないもんなぁ・・・

作業開始から数時間でめどがついた。

focus-bb-uprep

これで イケるはず。 BBを圧入します。完成! 

KRGの作業はここまで。

3カ月近く預り、部品の入荷が無かった事も功を奏しフレームを眺めては考える日々。

実際の作業は 僅か1日で完了! 上手くいって欲しいです。

 

あとはお客さんが自分で使用するシマノ製のクランクを付けてくれたらOKです。

focus-bb-token

都内へ持ち帰ったお客さんから、回転も良くバッチリ生まれ変わったと吉報!

去年からの宿題をどうにか果たすことが出来ました、それと また一つ経験を積む事が出来た。

感謝!  by KRG

 


  • -

昔取った杵柄 スポーク造ります!

最近では、ホイール組の仕事も減って時代は すっかり完組ホイールです。

先取りし過ぎたのか、時代に乗り遅れたのか(笑)

お~なんと 懐かしい ストレートスポークの元祖といえるハブ パルスターハブです!

KRG-custom-pulstar

お客さんは かなり離れた中部方面 車輪を組むには専用スポークが必要です。

実は とても面白いカスタムに挑戦していたので ついついやる気が出ちゃいました。

direct-spoke-un-threaded

まずは 丸棒から。 ヘイズグループ製のダイレクトスポークを用意しました。

direct-spoke-wheel-smis

スポークのネジ切り作業は、とても慎重で面倒な作業です。そして工法はお店でも出来る簡易な転造方式と工業型の切削工法があります。

良くある日本製のネジ切りは、3点ダイスの中央にスポークを差し込みダイスを押し当てながら

溝を作ってゆく。 KRG的には この工法あまり好きではありません。

この工法には欠点があります、ダイス溝がダレ易く溝の深さが足りない為 強いテンション耐久がない。

転造式スポークネジ切り機で切ったらご覧の通りです、ダイスが摩耗変形しているのでしょうか。

転がして部材にシワを作って溝とする。 こりゃ 使えません 上手く切れた試しがない……..

hozan-spoke-3駒転造

プレートに溝が切ってあって スポークを強く押し当て転がして溝を作る転造機械もあります。

その転造式の日本製や海外製機械でも 20万~40万もするんです…..

スポークは通常2㍉刻みで商品化していますので、よっぽど特殊でなければ不要の工具ですね。

 

品質的に最も理想は、切削ネジ切りです。

自転車のスポークは工業規格外で、スポークに合った切削ダイスの入手はほぼ不可能です。

特注なら造ってくれるのでしょうが、数量と価格が仕事に見合いません(笑)

今回お客さんからのご要望があったので、久しぶりにKRG切削ダイス工具を引っ張り出しました。

昔取った杵柄 とはよく言ったものですが、すっかり手順や勝手を忘れていた(笑)

さて 一本一本手作りしてゆきます。

作業には 手順や慣れ、熟練が必要です。

 

何本か製作しながら、精度を最高まで上げることが出来ました。

krg-custom-切削

調整がうまくいかないと切削溝の深さが異なり、ニップルネジとの公差が大きくなって

ニップルを引っ張った時にガタつきが出ます。 これではテンションを上げると危険です。

さて仕上げたスポークで いよいよ ホイール組です。

%e7%b5%84%e3%81%bf%e7%ab%8b%e3%81%a6

パススターハブは角度が決まっていますがクロスは意識しないといけないのです。

もちろん モジョハンドを使用して平均まで一揆に仮組をします。

%e7%b5%84%e3%81%bf%e7%ab%8b%e3%81%a6mojo

本来車輪は自転車に装着し実走行を繰り返し乗り手の癖やフィールドによるテンションを掛け

増し締め調整をすることで出来上がるものです。

振れ取り作業

ここまで 出来たら寝かします。 そして また翌日 振れ調整をします。

最後に必要に応じて 緩み止めをニップルの隙間から流し込み遠心を掛けて浸透させ寝かせます。

車輪組は 少なくとも数日を必要とします、お客さんがご来店できる距離なら数ヵ月を掛けて

お客さんと仕上げて行く。 これがKRGのカスタムワークス・ホイールです。

ちなみに 次の写真 左が国産HOSHI工業製、右が試し切削中のKRGスポークです。

KRG-hoshi-and-KRG

今回は すでにやめてしまっていたスポーク製作を再開するきっかけをお客さんに頂いた。

自転車屋として、物造り、職人として伝える仕事だったかもしれないなぁ。

そして 弟子の紘樹君に体験させる事ができた。

KRG-custom-deshi

自力本願!  遠方からのお客さんに感謝!    ありがとうございました。

益々技術を上げて独自性を貫くべく 精進したいと思った2016年  年明けの仕事でした。


  • 0

シマノBB71-41を外す タイ焼が旨すぎた日

オルベア ロードのオーナー ご夫婦様から 天然物の魚

といっても タイ焼なんですけども、これが旨い! 養殖物とは一味違う。

少し焦げがあって香ばしい。

2014_2_18_wh_taiyaki

袋を上から覗くと タイ焼 天然魚がぎっしり!!

なんでも たくさん並べて焼くのは 養殖っていうんだって、で これは一匹づつ焼くのだそうで。

そう言われると 手間がかかっているし 一匹づつ気を使って焼いているというだけで気持がちが違ってくるよなぁ・・・

2014_2_18_wh_taiyaki_tenne

う~ん やっぱり 養殖じゃないから 違うな! うん こっちの方がやっぱり 上手いな。

いいこと聞いちゃった(笑) ありがとうございました。 ホントにおいしかったです。


 

さて、シマノのBBですが圧入してあるので抜くときは叩いて外します。

カーボンフレームだと 叩いて外すのは少し乱暴な気がしませんか・・・

もう少し なんかないのかなぁって思って・・・

KRG では 自作のスライド式ハンマーで引き抜く作業をしております。

これだと 外したBBを再び取り付けることも出来るほど 損傷なく取り外せます。

2015_2_18_bb_toolg

大ヒントの局部アップ写真です。

これは プロペルについていたシマノの圧入タイプのBBを抜くところです。

さぁ これがどういう仕組みになっているでしょう~か。

MTB(機械系の好きな)プロショップさんなら、お気付きになるかも知れません。

 

一台一台 お客様の大事な自転車です、この工具しか用意されてないから仕方ないとか

この方法で作業するように書かれているから、、、なんて現場では通用しない事がある。

2015_2_18_bb_tool

 

カーボンフレームのBB内部を叩いて破損したら 弁償しなきゃならないからなぁ・・・

シマノBBの構造と大きさを考慮して、KRGでは自作のスライドハンマーで取り外してます。

天然タイ焼みたいに

一匹 一匹 気を使って作業しなきゃいけないなぁ・・・ってタイ焼食べながら思った日でした。

 Bike Energy KRG 菊地輪業 facebook


  • 0

丸Aより 丸Gが先でした

古い自転車です。

フレームに どっかで見たようなマークがある・・・Aのマーク。

fuji-2015_2.maruA

このマーク 丸にAで マルAと呼びます。  KRGが子供の頃 同じマークを良くみましたが

中は G のマークでした。 実は丸Gが先で その後マルAが出来ました。

市原市五井地区の自転車組合が五井地区で販売した自転車を見分けるために作った

丸Gマークというものでした。

fuji-2015_2

 

丸Gマークが張ってある自転車は、同じ地区の自転車屋さんへ行くと修理代の値引きサービスが

あったり 親切にしてもらえるという・・・・・ そんな黄門様の印籠の様なマークだったんですね。

Gは 五井のG   それを真似て Aは 姉ヶ崎地区のAということです。

 

日米富士のオリンピックです。 (丸Aだから姉ヶ崎地区のどこかの自転車屋さんで販売したもの)

すべてが当時のままの部品構成で KRGに持ち込まれました。 すげぇ~

nichibei_fuji

日本製の自転車があった時代です、コンポは前田に杉野、吉貝、最高なコンビネーション!

fuji-2015_2_sugino

カッコ良過ぎです! チューンガードにも刻印 シャープなシルエットが斬新です。

 

suntour-rメカ1

サイクロン リアディレーラーのパンタの中を対角にインナーワイヤーが走る!

これでいいんじゃねぇのか・・・もしかして シンプル イズ ベスト だったりして。

suntour-rメカ

千鳥は滑車 ワイヤーエンドにはクリアー樹脂でキャップがありました。

 

fuji-2015_2chidori

ブレーキにはセフティレバー(補助ブレーキレバー) 補助レバーの必要性は今も昔も変わらない

このセフティレバー新品のまま KRGのどっかにあるけど・・・・

fuji-2015_2.safety-lever

タイヤは三ツ星が付いたまま、さすがに30年近く経つとアウトでした

丸G 張ってある自転車 どっかにあるのかなぁ・・・見てみたいなぁ。。。。。

自転車の歴史  五井地区の歴史を思い出しました。   KRGが子供の頃の話

 Bike Energy KRG 菊地輪業 facebook


  • 0

リアエンド 修正

2014_12_24_end

これはまいった。。
エンドが曲がっているだけでなく、ネジ山が最後のひと山しか生きてない。

あの手しかない。。。

2014_12_24.end

リプレースエンドなら 交換すればよいのですけども。。。

ん~~どうしましょ。

勘一発でやらせていただきます。 ”失敗したらごめん”  という約束で受けました。

2014_12_24

ふ~ 成功!   リアディレーラーの芯出しもやったので組み立て時の微調整でOKです。

これは 懐かしい アルミのMTBフレームなのですがエンド以外は状態がいいし 良かった。

2014_12_24.end_tap

復活! ということで クリスマス・イブに 丁度いい店長日記となりました。

お役に立てて光栄です。 また元気に走ってくれよ GT!

 

メリー クリスマス!! KRG

 Bike Energy KRG 菊地輪業 facebook