CUSTOM WORKSの紹介

KRG のカスタムワークスをご紹介します。

当店では、50年以上に及ぶ引き継がれる経験と技を作業に反映しております。

諦め掛けた大切な自転車の修繕や自分だけの楽しみの為の加工ご依頼や

プロ選手や他店様からの車輪組やご相談など多くの実績があります。

いくつかの作業をご紹介したいと思います。

2014_12_24_end

上の写真は、フルアルミフレームのMTBリアディレーラー取り付け部エンド曲がっており、

ネジ山もダレて無くなっていました。

リアディレーラーが取り付け出来ずに困ってのご依頼でした。

2014_12_24

新しい強いネジ山をインサートし、変速可能な状態へ復元しました。 復活!

2014_12_24.end_tap

こちらは、クロモリのMTBのBBです。

オーバーホールの持ち込みでしたが、この通りサビでBB内部がひどいことになっておりました。

洗浄しBCピッチのタップを出来る限り、ギリギリで立て直して復元しました。

BB_befor BB_after

カーボン製のシートピラーやフロントフォーク・コラム、ISP式カーボンフレームのカットです。

20114_1_9_giant_propel_fork

とても慎重な作業で、素材によってはカーボン繊維が剥がれてしまうこともあるため

作業には経験(手順)とセンス(感覚)重要となります。

20113_12_28_giant_propel_fork_anchor

カーボン製コラムやシートピラーの切断、完全手作業で仕上げます。

アルミ製・金属製のハンドルやコラム、ピラーも パイプカッター使用しません

2013_10_26_giant_seat 2015_8_16_envei-custom

MTBリアショック スペーサーはフレームに合わせて製作しなければならない事も多いです。

どうしてもない場合には、手造りで仕上げます。

2015_8_13-RearShox     2015_8_13-RearShoxOK

シマノDi2バッテリーをピラーに固定するためのKRGオリジナル木製ストッパーです。

特殊な形状で純正品がなかったり、機能的や重量に不満があるというご依頼で製作しました。

2015_8_26_Di2-wood    2015_8_26_Di2-woodfit

安全を確保できないと判断するカスタムは当然お断り致しますが、”無いものは作る” で良い

と考えております。 お気軽にどうぞ。(カスタムワークスは対面相談のみ承ってます)

[ スポークを作る]

ネジの切っていない丸棒からスポークを作成します。

direct-spoke-un-threaded direct-spoke-wheel-smis

ストレートスポーク 最近ではダイレクトスポークと呼びます。

良くある国産のネジ切り工具での作業は強度に不安が残ります。

やはり あくまで応急的なネジ切り機です、3点転造式でネジを切る機械ですがダイスがダレてしまい

すぐにこの程度のネジ切り精度になってしまいます。

転造は、簡単にいうとシワ寄せ工法と考えて下さい、小さいネジはおおむね転造です。

hozan-spoke-3駒転造  krg-custom-切削

KRGでは、再び独自でネジを切るカスタムワークスを開始しました。

ネジ切りの方式は、切削です。下がKRG製のスポーク仕上がりです。

次の写真をご覧ください 左が一流メーカーのスポーク、右がKRGのスポーク。

KRG-hoshi-and-KRG

ニップルを装着し引っ張ってもガタはありませんし、安心して張力を掛けてしっかりしたホイールを組むことが可能です。

コンプリートホイール全盛期で手組ホイールなんて もう流行らないのでしまってあった専用ダイスでしたが、

遠方からのお客さんのご要望にこたえるべく 復活KRGカスタムワークス!

スポークはあくまで特別対応です(スポークだけの販売は致しません)

ご相談して下さい。

古い自転車をレストアするプロジェクト! もやってます。