Author Archives: KRG

  • 0

6.7kgの折り畳みCARACLE-COZ

Category : Caracle  , 折り畳み

実際に手で触れて確認したいというご要望にお応えしまして、KRGではカーボン折り畳みのカラクル・コ―ジーを常時展示しております。

カラクルという折り畳み自転車は何とスーツケースに入ってしまう。昨年のサイクルモードでも大人気のブースだったのでご存じの方も多いでしょう。メーカーのサイトをご覧ください https://www.caracle.co.jp/products/cs2017



折り畳みの小径車というと走破性を犠牲にしてコンパクトを実現させるか、走りに重点を置き多少大きくなっても良しとするかの葛藤が決め台詞。ところがこのカラクルという折り畳みは鈴鹿のレ―スでも優勝しちゃったし、最小でスーツケースに入るから飛行機などの運搬にも便利ときた・・・

小径ホイールは色々とカスタムする事を楽む人も多く、やり始めるときりがない最後はフレームを作りたくなると思うのですけどカラクルはそのままでいい。

いや 色々ありますけど、総合的に判断するとこのまま使うのが たぶんいい。写真は2018年11月の幕張で開催されたサイクルモードでのブース風景

人気の理由はもう一つ、カラクル・コ―ジーというカーボンフレームの折り畳み完成車が何と6.7kgで発売されたのです。105コンポが付いた完成車でも6.9kg!ブースの横棒に掛けられた試乗車が全て出払っている理由はそれです。

このコージーはフレーム単体やホールセットでの販売もあります。組立には経験が必要な部分がありましたが見事な造りです。手持ちの部品で組み上げる楽しみも満たしてくれますし、もちろん完成車で購入されるのがお買い得です。

完成車(R7000シリーズ105搭載モデル)
 希望小売価格 \233,000+税 基本モデル 7.6kg [新発売]
 希望小売価格 \260,000+税 ライトモデル 6.9kg [新発売]

ライトモデルはお買い得価格です、あとから軽量化する楽しみもありますが何と言っても最初から軽量パーツが付いています。コ―ジーはカラクル程コンパクトにはなりませんが何と言っても超軽量と走破性の高さに脱帽といったところ。

このカラクルの発売元には、KRGと20年以上の信頼関係がある開発担当者がおりこの商品を出す時に彼が太鼓判を押すなら間違いないだろうな・・と思いました。
蓋を開ければ、お見事! すげ~自転車を続々リリースです。

 みんなこういうのが欲しかったんですよね!

取り扱いのタイミング的には少し出遅れてしまいましたが、KRG的にこのカラクル・コ―ジーは一押しの折り畳み自転車です。

春が来て こいつを電車なんかに乗せて 少し遠くの町をサイクリングしたら心も体もリフレッシュですね。袋に入るからホテルや旅館の部屋に持ち込めますしね。

行きは自転車 帰りは電車 なんて楽しみもいいです。 あまりに走るので帰りも自転車で帰って来ちゃったなんて話まで飛び出すほどです(笑) 詳しくはメーカーのHPをご覧ください。  https://www.caracle.co.jp/

ご興味のある方は千葉県の正規代理店 市原市のKRGまでどうぞ。 


  • 0

フラットバーからドロップハンドルに乗り換えた

昨年10月の台風はすごかったですね。 朝お店の前に出ると何かすっきりしているような・・・ 

あれ? 輪業君の看板がない! あわれ 電球だけが下がっていた・・・

ふと見渡すと 近くや遠くや、ずっと遠くにまで割れた看板の破片が・・・

数日掛けて 探したのですが 見事にバラバラで、これしか集まらない。

固定も弱かったのかも知れませんが、台風すごかったです。暫くはこの通り 看板無しで 風通しが良い。

看板を作り直す事に。アクリル板を枠の中に収まる大きさにカットしました。

KRGの隣の作業場にアクリル板の固定方法を相談に行くと、ベンダー職人さん(パイプの曲げ加工)がSUSの角棒を曲げてネジタップを切って作ってくれました。頼りになります! これで 看板をがっちり固定出来ます。 ありがとうございました。

あとは どんな看板にするか? ですけども、ここは JAM FRAMINGさんにお願いします。割れてしまった看板もせっかく作って下さった想い出の詰まった看板なので拾い集めて額装し店内に飾ろうか・・・

12月26日配達から戻ると、輪業君が描かれた段ボールに包まれた看板らしきシルエット!

うお~~ 前と同じ図案で 復活です!!!  手描きです すごい。 

真ん中の輪業君の印象が 少し違う・・・ と思ったら

輪業君の自転車がフラットバーからドロップハンドルになってました(笑)

電球を仕込んで 設置完了 皆さんのご協力でみんなに愛される看板が出来あがりました。 台風の被害で壊れてしまった看板でしたけどお蔭で皆さんの思いやりや愛情をたくさん頂いている事にあらためて感謝・・ほんと ありがとう。

東京マテリアルトレード㈱様、フレーム工房ジャム様、そしてお手伝いや見守ってくれたお客さんに 新しい看板で新年を迎えられたこと感謝申し上げます。

ありがとうございました。


  • 0

チタニウム・ファットバイク完成!

KRG企画 TITAN 祭り 第二弾!!

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_1050.jpg です

お客さんとの構想一年を経て KRGオリジナル チタニウム・ファットバイクが完成!

チタンのフレームは、適度なしなりと戻りの俊敏さなどの特徴で愛好者も多いのですけどもチタンのファット・バイクのご注文は初めて。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_1068.jpg です
KRG-FAT BIKE 設計図

始めは アルミの完成車がいいかなぁという事だったのですけど、ご希望のブランドの在庫がなかったり展示会の時期も未定だったりと流れに流れて・・・

最終的にゴイム(クロモリ)で作りましょうか?となり・・・

鉄は錆びるから 浜辺を走ると恐ろしい事になると脳裏に浮かび・・いや いや いや 錆びる 錆びる やめよう・・・

チタンはどうですか? という事になり・・ 作る事になりました。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0979.jpg です

フロントフォークもフルチタンです。肩はユニクラウンよりもラダーショルダーで製作してます-チタンの板でダブルです。 もちろんコラムもチタン製

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0964.jpg です

タイヤが太いのでチタン板を曲げたチェーンスティを採用しました。設計上はSRAMのFAT BIKE用クランクが付くようにしてます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0949.jpg です

リムも腐蝕を心配してアルミは却下してカーボン製。KRG的付き合いから信頼がある海外のカーボンリムメーカーの商品にしました。

ハブは米国ONYXにしたかったのですが予算的な無駄も省きたかったし、そこまでの必要がないと判断し却下しました。スル―アクスルでシールドベアリングなのでフリーラチェットの構造がよっぽどクソったれでなければだいたい大丈夫です。 採用したのは大手ブランドの生産を手掛けるハブメーカー品ですが抜群の精度です ご安心ください。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0896-1024x683.jpg です

狂い台(振れ取り台の事)もギリギリです。タイヤは26×4.5 くらいまでかなぁ・・4.8タイヤで1×12 50Tだとチューンがタイヤに干渉しますから要注意

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0910.jpg です

しかし こうなったら シートピラーもシートクランプやボルトも全部チタンにしたいですね。 

さらには ハンドルバーとステムやネジも全部チタンにしちゃいましょう!

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_1092.jpg です

と言う事で 完成!! お待たせ致しました。 KRG-チタン製ファットバイク第一号が完成です。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_1095-1.jpg です

*この商品はワンオフという言葉の通りオーナーの為の一台です。

貴重な経験と勉強をさせて頂きました。 ありがとうございました。

KRGのチタン祭りは続きます。 次はロードかシクロクロスか!


  • 0

チタニウム・スピードクルーザー from USA

USAからチタニウム・スピードクルーザーがKRG上陸

KRG企画 TITAN 祭り 第一弾!! 

KRGは チタンが好きです。 やっぱりチタン製の自転車に惹かれますね。

気軽に乗れるチタニュウム・クルーザーバイクをご紹介します。

OUTBOX―カリフォルニアからやってきました。

HAND BUILT IN USA  お~ 久し振りにやる気でるぞ~!

ブレーキは機械式ディスクブレーキですが、油圧対向ピストンです。

強力なストッピングパワーを発揮しますが油圧ホースを必要としないためブレーキパッドの交換以外のメンテナンスを長期間必要としない信頼のシステムです。ブレーキタッチの調整もケーブルの引き量で容易に調整ができます。

後々油圧ブレーキに交換するのもいいでしょう。

シフターとRメカ うげ! シマノでもスラムでもない。 Box Oneだ!

早速変速を試してみました。シフトは親指一本だけ

レバーのピポット回転方向へ押すとロー側(最高4段飛び)、リリースはレバー回転方向ではなくピポット軸が動くので楽々 プッシュ & プッシュ変速です。

ステムもBox One クランプ部分はエキセントリックだからステム長を変更可能

cups stem というらしい 6061のT6

フォークはフルカーボンのリジットと来た! そうでしょうそうでしょう。

カーボンフォークね、やっぱ丸だよなぁ・・・

軽いハンドリングを実現、街乗りクルーザーにサスペンションフォークはいらないだろうね。

そうそう クイックレバーのシャフトもチタン製でした。

クランプのネジもチタンかな?

サドルは後加重でもお尻が痛くないように、あんこが入ったソフトサドル135mm幅

カセットは11-40 が付いてました。 まだ良く見てないので実車でご確認下さい。

タイヤはWTBのホライゾン47 舗装路のコーナーの転がりの軽さは半端ない安定感

気楽にサイクリングやポタリング でもチタンバイクというポテンシャルを備えてる優越感!

USAからやって来た 恐るべき かゆい所に手が届く チタニウムクルーザーです。

やっと到着したのに 到着後10分で我慢できなくて乗っちゃったから

 もう新車で売りモノにならないぜ~(笑)

試乗車としてご用意しましたので どうぞ 気軽に実車を乗って下さい。

ここまで 作ってこの値段、安・・・ いや ホント安いと思います。

ご予約 ご注文お待ちしてます。みんなで町をチタンバイクで埋め尽くそう!

USAチタンクルーザー完成車 207000(税抜き)

いつまで 続くかこのお値段   KRG チタン祭り 第一弾でした。

SPECIFICATION

シートサイズ : 13/14/15/16 インチ
フレーム : Grade-9 チタン合金 (Ti-3AL-2.5V) シームレスバテッド
フロントフォーク : フルカーボンリジッド
ディレイラー : Box One カーボンコンポジット 11-speed
シフトレバー : Box One プッシュ&プッシュシフター
チェンリング : アルミ 36Tクランクフォージドアルミ 2ピース 175mm 4 アーム
BBセット : シールドベアリング 68㎜
カセットコグ : 11-13-15-17-19-21-24-28-32-38-40T
チェーン : KMC 11-speed
ペダル : ナイロンボディ 9/16” Cr-Mo アクスル
ヘッドセット : FSA アルミ アヘッド シールドベアリング
ハンドルバー : アルミ クルーザーバー 600mm
ステム : Box Cusp 35x65mm + エキセンリーチアジャスター
ブレーキ : Juin Tech ハイブリッド ハイドロ ディスク
リム : アルミ ダブルウォール 32H アイレット付
ハブ : アルミ シールドベアリング Ti QR シャフト
タイヤ : WTB Horizon 650B 47c スリック
チューブ : ブチル フレンチバルブ
サドル : Corones エルゴフィッテイング Cr-Mo レール
ハンドル : バーアルミ クルーザーバー 600mm
シートポスト : アルミ 27.2x350mm
グリップ : Box One ODI
フレーム : 仕上ナチュラル チタニウムカラー (ロウポリッシュ)
ウェイト : 10.0 kg
希望小売価格 : ¥207,000.-(税別)

SIZE ST TH TT HA SA HT WB BB RC Weight
13″ 330 533 521 70° 74° 97 1016 36 427 1.21kg
14″ 356 548 530 71° 74° 97 1028 36 427 1.23kg
15″ 381 561 542 71° 74° 102 1038 36 427 1.28kg
16″ 406 579 556 71° 74° 107 1057 33 427 1.32kg

  • 0

サイクリスト 応援歌

一年振りの店長日記です。

毎日 音楽聴きながらのんびりやっておりますが、お客さんにはこの一年たくさんのお土産や差し入れなどを頂きました。

産み立て玉子 もらっちゃった。

髪の毛が生えるかも知れないという果物 もらっちゃった。

生ういろですよ!

また たくさんの団欒の機会に恵まれた事は、本当に幸せなちゃりんこ屋です。

KRGにはこの一年、県外など遠方からもたくさんのお客さんがお越し下さいました。

まだ仕上げられていない仕事もたくさん残っていて申し訳ないのですが

ボチボチ頑張りますので気長にお付き合い下さい。

唄でも聴いて 楽しくいきましょう!

「走り出したら止まらない 孤独なルールと綱渡り」

向かい風に負けず、坂道にも負けず サイクリストの皆さん頑張って下さい。

レースや旅の話 日常の話や家族お子さんの話など 楽しみに待ってます!

サイクリストの応援歌 (10年前のライブ一発録り) 良かったらお聴き下さい。

そうか もう10年経ったのですね。 みんなへの恩返しは良い仕事だけです by KRG

 

 

 


  • 0

すぐに曲がるリアエンド 注意喚起

リア・ディレーラーの取り付け部分 ディレーラー・ハンガーやリプレイス・エンドと呼んでます。 この部分です 下の写真参照(ブリジストン・アンカー)

リアディレーラーの調整が出来ていないと、ローギア(大きいギア)へ変速した時にディレーラーが車輪のスポークに入って大惨事となるケースがあります。

これは ブリジストン・アンカーというモデルでの惨事です。

リア・ディレーラーのボディが見事に真っ二つに破損してますね。

この様な事故の原因は先ほど述べた様に調整ミスが多いです、リア・ディレーラーの調整ミスによって大きな事故に繋がったケースをたくさん見てきました。

もう一つの原因として落車や駐輪状態からの右側への転倒でディレーラー・ハンガーが簡単に内側に曲がってしまうこと(車種)も多いです。この場合は、リプレース式のディレーラー・ハンガーを交換するのですが 作業は簡単に思えて簡単では御座いません。

まずエンドの芯が出ているかを計測し修正などの作業が必要です(結構デタラメなフレームもあります)、リア・ディレーラーの変形や調整も専門的な知識や判断が必要となります。

KRGに今回持ち込まれたのは ブリジストンのアンカーという車両でした。

2カ月連続で アンカーです(涙)

前回は アンカーのカーボンロードでしたがメーカーへ電話をし事情をお話しましたところ契約店ではないので部品の提供(販売)は出来ないと言われました。

ネットで調べると自転車屋じゃなくても誰でも簡単に買えるじゃないか。バカバカしい。

この部品は、誰でも交換は出来ますが重大事故につながる可能性が高い部分でもあります。誰でも簡単に入手できる現状の中でプロショップに供給出来ないのはKRGの技術力が一般の方(素人さん)より劣っていると言われているような気持ちになり ガックリ。

さて、今回は少し廉価版の自転車で少し以前のモデルのようですが同じくブリジストンのアンカーです。すでにメーカーは補修部品を持っていないらしい。

お客様にとっては大切な自転車と察しKRGでエンドを作ることにしました。今回は図面を引きませんしCNCでお願いすることもしません。

この程度の精度で仕上がったエンドなら手で作れます。

5000番のアルミ合金を 100㍉ x 100㍉で切り売りしてもらいました。

使用する工具は 手動の電動ドリルと鉄ノコと平ヤスリです。 垂直に穴を開ける事が容易なボール盤も使いません。 勘だけでやります。

ボール盤やグラインダーは フレーム製作工房へ持って行ってますし、KRG的には比較的簡単な設計物でしたので何とか作れると判断しました。

アルミの番手も上げたし、厚みも増して強度も上がってます。 ひたすら研磨します。

ここまで 磨いたところで疲れた。。。 鏡面仕上げの意味はさほど無いです。ただ キレイに仕上げたら気持ちいいというだけ。

フレームに合わせてみました。既製部品よりも精度が高いので一点止めのボルトを絞め付けずにもぴったりです、ピクリともしません! よっしゃ。 ただフレーム側の精度(平面)がよくないですね。

現物合わせで細かい調整をして、ホイールも新品となりました。

実際にリア・ディレーラーを取り付けてエンドの角度を測定しチェック微調整。どうにかお客さんの大事な自転車を直す事が出来ました。

高々2000円程度の部品ですが、取り付けには専門知識が必要ですし日常的に気をつけておかないと大きな事故につながる部分です。 ネットで適当に販売するのも良いでしょうけども作り手の責任やメカニックの責任も考えさせられる仕事でした。

とても手間がかかる仕事でした しばらく作りたくないです(笑)

出来ればメーカーがしっかり在庫を持っていて欲しいですね! もしくは破損しやすい部分ですので販売時にスペアーの購入を推奨してあげて下さい。

部品が無ければ契約店でも 直せません。   by KRG

 


  • 0

GIANT-マリアローザTCR-SL 優勝記念限定モデル

Category : GIANT , 商品情報

 

GIRO D’ITALIA 優勝記念 TEAM SUNWEB マリアローザ

 

トム・デュムランの「ジロ・デ・イタリア2017総合優勝を記念し、マリアローザカラーのTCR ADVANCED SLが国内20台限定で発売されます。

今年のジロ・デ・イタリアは100回目の節目となる記念すべき大会でした、KRG白熱のレースを応援しておりましたので、この総合優勝は想いもひとしおです。

これは 正に記念すべき一台となりますね。

登り坂をダンシングで逃げる選手に対しシッティングしたまま追いつくデュムランの強さはサドルとの接点にあり!発売するのか ノンスリップ加工が入ったサドル。

この 限定20台のマリアローザモデルは78万円(税抜き)です。

おっと 最後にお知らせだった、この完成車にはデュムラン直筆サイン入りのSantini製マリアローザジャージ(デュムラン着用と同じLサイズ)が1枚 ノベルティとして付属します!!

欲しい方は 今すぐ ご連絡下さい!! cycle@kikuchi-rg.com まで!

 

さらに デュムランがチーム サンウェブで使用していたTTフレームも限定発売!

TRINITY-  この攻撃的なフォルム 50秒以上の差があったトップとの差を圧倒的な速さでデュムランを逆転優勝へと導いた高速フレームがこいつです!

このフレームは 国内限定3台です!!! KRGでは S-size 確保しました。

フレーム単体の販売です 39万円(税抜き)

現在(商談中)となっております。

 

アパレルもマリアローザカラーで 登場します。

こちらも 数に限りがありますのでマリアローザカラーでカッコよくキメたい方や ピンクでかわいくキメたい方は お早目のご注文下さい。

 

TEAM SUNWEBロゴを配したジロ・デ・イタリア2017の公式リーダージャージと、限定カラーのETXEONDO製ビブショーツ : ジャージ18,000円 ショーツ18,000円

 

チームが実際に使用する

ハイエンドロードヘルメットのマットピンクバージョン!RIV 16,000円

 

さらに こちらは レプリカジャージセットです。

マリアローザカラーのレプリカジャージ&ビブショーツ

ジャージ 7,000円、ビブショーツ 10,000円

(左)MAGLIA ROSA SF GLOVE   ¥3,500
(中)MAGLIA ROSA SOCKS  ¥2,400
(右)MAGLIA ROSA DOUBLESPRING 750CC  ¥1,000
マリアローザカラーのグローブ、ソックス、ウォーターボトル。

それぞれ 数量に限りがありますので ご用命はお早目に。

 


アーカイブ