Category Archives: レストア

  • 0

ロット式ハンドルと補助フォーク

昔懐かしい ロット式ハンドル

現在 新品が残っているとしたら奇跡としか言いようがない。

実用車のハンドルやラッキョパイプ(らっきょ棒・短棒とも言う)、運搬車にしかついていなかった補助フォークなど。

こんな風にリアのブレーキ棒は折れてしまって、もはや修繕部品はありません。

どれも20~40年という歳月を働き続けた自転車達です。(これはサイドカーです)

千葉県で最後に残った君塚リヤカーさんが、廃業となってもう10年以上となりますが正に職人技と表現する仕事でした。

自転車を持ち込み、一台一台現物合わせて一発で仕上げてくれました。

そんな時代も過ぎ、マスプロメーカーが次々に実用車(ロット式ブレーキ)の完成車生産を終了。

というわけで そんな時代に活躍してきたハンドル達をご紹介

エスガタ上がりハンドルです。最後まで実用車を販売していたハットリなんかに採用されてました。

上がりハンドル この上がり加減 涙でますねぇ~ ブリヂストンのジュピターなんかについてました。

出たぁ~ 一文字ハンドル!!

これは 運搬車なんかに使われてました。 現物ないですがカーブがもう少し全体で曲がっている トンビ と呼んでいたハンドルもありました。

並べるとこんな感じです。 それぞれ個性があってどれも素晴らしい。

これらは 全て 日東製 日本で造られた最高級ハンドル達です。

それから こいつが補助フォークです! 右側の錆びた補助フォークは屋外使用で過酷に使われて来た35年程度前のもの。 頑張ったなぁ~~

荒井ブレーキ製の補助ホークです。ハンドルポストのクランプ部分はSUSです。

もう 二度と生産されることはないであろう ロット式ハンドル達でした。

KRGでは、五井地区で50年以上に渡り彼らを嫁がせ見てきました。大社長が納品した自転車は今日でも使用されているエリアでもあります。

ロット式ブレーキの軽快車や実用車は、出来れば捨てずにレストアして残して欲しいと思います。

KRGでは、ロット式ブレーキの自転車を趣味の範囲で生産したいと思いますが、フレームから造らないとダメなのかなぁ・・・

 

生き残った 新品のハンドル達を 青空 に かざしてみました。

ピカピカだぜ!

生き残った部品達を 少しづつ活躍する世界へ嫁がせたいと思います。by KRG


  • -

BB不良の宿題 PF30

FOCUSというフレームが持ち込まれたのは 2015年12月の事でした。

このフレームは、プレスフィットと呼ぶ圧入式のBBタイプです。

電話の主は東京都内からでしたが、良く知るお客さんからでした。 なんとかしたい。

「BBを外したのだけど、どうやら圧入部分に大きなマイナス公差がある。ちょっと見て欲しい」との内容でした。

focus

KRG : なるほど・・・厄介な不良品だな。 ひどいなぁ・・これで完成車だったのですか?

BBは圧入されてたんですよね? これで? こりゃひどい。 根性で入れたな。

focus-bb-up

そもそも、側面塗装の円形のクラックはなんだ? カーボンフレームですがBB内部はアルミワンですでにガリガリ状態でした。

計測してみました。巖合部にはお互い許される公差というのがありますが悪く出ると使えない。

例えば46.0㍉の穴精度が 46.1㍉、圧入部品が45.9㍉だと、直径で0.2㍉の誤差がでてしまう。お互いの公差が悪く出ると ゆるゆる になっちゃう。

この フレームのBBは逆で、内径にマイナス公差が大きく出て入らない!

しかも楕円です。 さらには 左右でずれています。 終わったな、このフレーム。

focus-bb-size

最大 左ワンの左45度 45.5㍉  お~~すげぇ 絶対無理でしょこれ!

この場合アルミワンにアルミ製BBの圧入は選択肢にないので、樹脂ワンにしたい。

というわけで 保留。 TOKENの樹脂ワンがいいと思ったのですが欠品中。

BB30 って面倒なんですよね、シマノクランクにしたいって時にBBアダプターとかいるし。

focus-bb-crack

その前に何故こんなことになっているのか? 触診するとBBの外側より中心部の系が大きいようだ。 これ 3ピースか!  なるほど ん~

とりあえず 樹脂のBBを削って合わせるかなぁ・・ ヘタにフレームやっちゃって弁償なんて嫌だし。 それにしても使えないフレームだな。

こう見ると 向こう側の影になっている段がマイナス公差と楕円になった原因。

focus-bb-three

これは おそらくアルミワンを入れた時にゆるゆるになった経験があって、その対策として外側を大きく削ってその内側にアルミのカラーを圧入し内径を小さくしたのだと思う。雑としか言いようがない。

TOKENのBB30→シマノ24用BBを待っていたら年を越してお正月がやってきた。

それどころか2月を過ぎてしまった・・・ 結局 全く手を付けられずに数カ月。

focus-bb-OK

仕方ないので あらゆるクランクに対応するという樹脂ボディのBBを在庫から選択し試作加工用も含めて2セット入荷。 さて と思ったのですがどうにも重い腰が上がらず。

この間にTVの取材などもあり、取材の中で普段の作業風景としてこのフレームの説明をしましたが、説明をしているうちに やっぱり フレームを修正したくなった。

フレームの変形に合わせて樹脂を削ろうと思ったのですが、実際BBを手にとってみて削るだけでなく圧入方向(位置)とか色々作業をする上で面倒だと感じた。

それにお客さんが次回BBを交換する時にまた同じ作業を必要とする。

フレームを修正しよう!

focus-bb-upre

何といっても左右で異なるので気を使います。

少しずつ削って楕円の誤差を調整していきます。とは言えKRGは精密加工屋さんではないので全てを勘で作業させて頂いてます。 これ 失敗したら アウトだよな。

それにしても このメーカー全部これじゃないだろうな。 買う時わからないもんなぁ・・・

作業開始から数時間でめどがついた。

focus-bb-uprep

これで イケるはず。 BBを圧入します。完成! 

KRGの作業はここまで。

3カ月近く預り、部品の入荷が無かった事も功を奏しフレームを眺めては考える日々。

実際の作業は 僅か1日で完了! 上手くいって欲しいです。

 

あとはお客さんが自分で使用するシマノ製のクランクを付けてくれたらOKです。

focus-bb-token

都内へ持ち帰ったお客さんから、回転も良くバッチリ生まれ変わったと吉報!

去年からの宿題をどうにか果たすことが出来ました、それと また一つ経験を積む事が出来た。

感謝!  by KRG

 


  • 0

丸Aより 丸Gが先でした

古い自転車です。

フレームに どっかで見たようなマークがある・・・Aのマーク。

fuji-2015_2.maruA

このマーク 丸にAで マルAと呼びます。  KRGが子供の頃 同じマークを良くみましたが

中は G のマークでした。 実は丸Gが先で その後マルAが出来ました。

市原市五井地区の自転車組合が五井地区で販売した自転車を見分けるために作った

丸Gマークというものでした。

fuji-2015_2

 

丸Gマークが張ってある自転車は、同じ地区の自転車屋さんへ行くと修理代の値引きサービスが

あったり 親切にしてもらえるという・・・・・ そんな黄門様の印籠の様なマークだったんですね。

Gは 五井のG   それを真似て Aは 姉ヶ崎地区のAということです。

 

日米富士のオリンピックです。 (丸Aだから姉ヶ崎地区のどこかの自転車屋さんで販売したもの)

すべてが当時のままの部品構成で KRGに持ち込まれました。 すげぇ~

nichibei_fuji

日本製の自転車があった時代です、コンポは前田に杉野、吉貝、最高なコンビネーション!

fuji-2015_2_sugino

カッコ良過ぎです! チューンガードにも刻印 シャープなシルエットが斬新です。

 

suntour-rメカ1

サイクロン リアディレーラーのパンタの中を対角にインナーワイヤーが走る!

これでいいんじゃねぇのか・・・もしかして シンプル イズ ベスト だったりして。

suntour-rメカ

千鳥は滑車 ワイヤーエンドにはクリアー樹脂でキャップがありました。

 

fuji-2015_2chidori

ブレーキにはセフティレバー(補助ブレーキレバー) 補助レバーの必要性は今も昔も変わらない

このセフティレバー新品のまま KRGのどっかにあるけど・・・・

fuji-2015_2.safety-lever

タイヤは三ツ星が付いたまま、さすがに30年近く経つとアウトでした

丸G 張ってある自転車 どっかにあるのかなぁ・・・見てみたいなぁ。。。。。

自転車の歴史  五井地区の歴史を思い出しました。   KRGが子供の頃の話

 Bike Energy KRG 菊地輪業 facebook


  • 0

リアエンド 修正

2014_12_24_end

これはまいった。。
エンドが曲がっているだけでなく、ネジ山が最後のひと山しか生きてない。

あの手しかない。。。

2014_12_24.end

リプレースエンドなら 交換すればよいのですけども。。。

ん~~どうしましょ。

勘一発でやらせていただきます。 ”失敗したらごめん”  という約束で受けました。

2014_12_24

ふ~ 成功!   リアディレーラーの芯出しもやったので組み立て時の微調整でOKです。

これは 懐かしい アルミのMTBフレームなのですがエンド以外は状態がいいし 良かった。

2014_12_24.end_tap

復活! ということで クリスマス・イブに 丁度いい店長日記となりました。

お役に立てて光栄です。 また元気に走ってくれよ GT!

 

メリー クリスマス!! KRG

 Bike Energy KRG 菊地輪業 facebook


  • 0

DURA-ACE リアメカ 修理

古い DURA-ACE のリアメカが持ち込まれました。

長期の使用でワイヤーを止めるメスネジが完全になめてしまってました。

新しいのに交換と言っても、すでに段数は11速ですし全てのコンポを新調しないといけません。

もっとも 今回のお客さんは他にもたくさんお持ちですから、せっかくDURAで組んだ自転車へ

の想い入れもありますし、直るものだったら直して使いたいというご無理なご要望です(笑)

お客さん: 直りますか?

KRG : やるだけやってみますけど 勘一発で作業しますので失敗したらごめんなさい。

KRG-MOJO パワー!! 特殊工具を使用し新しいタップを作ります。

2014_1_24_dura_rmeka

山の面影が若干残る程度でした、既にお客さんが色々とご苦労されていた様子です。

作業工程は省略しますが(写真とってませんでした)

この様に以前よりも強い山を作る事が出来ました。

2014_1_24_dura_rmeka_tap

ワイヤー止めのメスネジは、アルミにタップを立てているだけですから長期の使用や

過度のトルクで絞めたり、斜めに入れてしまうとRメカ自体がアウトです。

Fメカの直付けネジのようにインサート誘導した方がいいのでしょうけどコストがかさむし。

最後は ボルトを制作します。

市販規格のボルトだと頭がデカイので切削して かっちょいい感じに仕上げます。

長さも重要ですね。

完成です、10年以上前の DURA-ACE が復活しました。細かい部分の洗浄はご自分でやって下さい。

ピポット部分のガタはないので大丈夫です。

大事に長く使う こういう作業もいい物です。

お客さんのご要望で KRGは独自の技術を得る事が出来ています。 感謝!

2014_1_24_dura_rmeka_bolt


  • 0

BD-1 小径車のホイール

BD-1 に代表される 太平洋自行車の小径車です。

同じ形で 数社から販売されておりますが、今回は ビアンキ ロゴ の車両です。

長期間の使用により 色々な部分がダメージを受けていました。2013_12_17_BD1_handle

折り畳みハンドルのピポット部分が摩耗してガタが出てしまっております。

これは交換なのですが、ビアンキの輸入元からの部品供給を頂けませんので同規格のハンドルを使用します。最新版のヒンジになりました。

2013_12_17_BD1_haed

嫌な予感がしましたがヘッド内部です。

元々はホイールの擬音 ベアリング不良もあってホイールを組み直すところから始まりました。

小径の場合は カセットトップ 9T ですので シマノの カプレオ ハブを使用します。

2013_12_2_capreo_wheel

ピカピカのポリッシュ・リムを採用しました。モジョで組んでます。

2013_12_17_BD1_rearwheel

前後輪とも ピカピカになりました。

2013_12_17_BD1_frontwheel

シマノさん カプレオのハブの玉押し 絞め過ぎですよ。 新品でゴロゴロです注意して下さい。

安物はどうでもいいという理論は止めましょう、カプレオは決して安物の自転車に使用するハブではないです。

2013_12_17_BD1_bb

結局は 完全オーバーホールとなってしまいました。

2013_12_17_BD1

パシフィックの自転車は とても人気がある様で愛好家の皆さんはそれぞれにカスタムなどして楽しんでいる様です。

この10年 カスタムの傾向は様々で ロードの様なギアレシオを求めたり、軽量に拘ったり、材質を全てチタンに拘る人もいたりと・・・

チタンのディスクブレーキだったり・・・・ この形はベストセラーですね。

2013_12_17_pacific_titan